津波で不明の娘、10年前書いた手紙が両親へ

1: アトミックドロップ(東日本) 2014/03/03(月) 13:04:54.98 ID:RnaL3QVF0 BE:83639074-PLT(15073) ポイント特典
no title

東日本大震災の津波で行方不明となった岩手県大槌町臨時職員の娘(当時26歳)から今年1月、父親(59)と母親(51)宛てに1通の手紙が届いた。

2004年に訪れた愛知県で、10年後に届くよう娘がしたためたもの。思いがけなく届いた手紙で娘の気持ちを初めて知った父親らは、「しっかり生きねば」と心に誓っている。

娘は03年に高校を卒業し、バスガイドとして京都府のバス会社に就職。その後、大槌町に戻って町の臨時職員になった。震災時は町役場にいて、津波にのまれたとみられる。

自宅は被害を免れ、両親も無事だったが、娘は見つからず、両親は約半年後に痛恨の思いで死亡届を出した。

娘に町に戻ってほしいと思っていた父親は悲しみに打ちひしがれ、「いつ死んでもいいと思う日もあった。大槌に呼び戻さなければよかったと悔やんだ」。

仕事を終えて帰宅した父親が、自宅のポストに白い封筒を見つけたのは今年1月12日。「どっかで生きてるのか」。まさかと思いつつ封を開けると、中には一日も忘れたことのないきちょうめんな字で書かれた便箋が2枚。

バスガイドだった04年1月10日に、愛知県犬山市の博物館「明治村」で、手紙を10年間保管して届けるサービスを利用して出されたものだった。

つづられていたのは、就職のため親元を離れた日のこと、バスガイドとして働く日々のこと、10年後の自分のことなど。

震災の直前、娘は8年間交際してきた中学時代の同級生と婚約していた。「結婚して子供もいるんだろうと思うけど、一人身だったらどうしよう」という一文を見つけた母親は、「まさか10年後にいないなんて」とつぶやいた。

「お父さんお母さんにはいっぱい、いっぱいお世話になったから、これからは、私が2人のお世話をするからね」。娘がこの手紙を書いていたことも、両親に対しそうした思いを抱いていたことも、父親らは知らなかった。

「娘の親で良かった。娘に笑われねえように生きねえと」。震災から3年を前に届いた娘からの手紙を、父親らは心の糧にして生きていこうと思っている。
http://news.livedoor.com/article/detail/8590322/

2: 張り手(東京都) 2014/03/03(月) 13:05:46.66 ID:frQjfNDw0
昼から泣くぞ

5: 稲妻レッグラリアット(やわらか銀行) 2014/03/03(月) 13:07:31.99 ID:Esa4c0t20
ほー、しかし罪だね。

6: ビッグブーツ(東京都) 2014/03/03(月) 13:07:56.35 ID:I5FLGxxG0
これはきつい……

11: ツームストンパイルドライバー(やわらか銀行) 2014/03/03(月) 13:08:45.66 ID:nl6wWi5x0
えぐい

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1393819494/



14: ビッグブーツ(やわらか銀行) 2014/03/03(月) 13:11:11.12 ID:dB5atNYV0
むしろ悲しみが追い打ちをかけてぶり返すだけだな...

17: アトミックドロップ(やわらか銀行) 2014/03/03(月) 13:11:54.08 ID:qRvGKS3l0
自分がこの両親の立場だったら改めて絶望して鬱になる自信がある

19: グロリア(WiMAX) 2014/03/03(月) 13:12:08.52 ID:q/VBy54T0
>「どっかで生きてるのか」。

一瞬ものすごく期待したのか

51: 男色ドライバー(dion軍) 2014/03/03(月) 13:23:58.44 ID:QZSiq/iy0
>>19
するだろ普通

26: チキンウィングフェースロック(兵庫県) 2014/03/03(月) 13:13:37.98 ID:O9ql8KCk0
> 仕事を終えて帰宅した父親が、自宅のポストに白い封筒を見つけたのは今年1月12日。「どっかで生きてるのか」。
> まさかと思いつつ封を開けると、

ブワッ(´;ω;`) 一瞬、期待しただろうな。

22: ショルダーアームブリーカー(東日本) 2014/03/03(月) 13:12:34.97 ID:Kn5iZ7fC0
これは大泣きするだろ……………………

29: リバースネックブリーカー(関西・東海) 2014/03/03(月) 13:14:15.79 ID:KXdwzIReO
追い打ちににもほどがある

32: ミラノ作 どどんスズスロウン(兵庫県) 2014/03/03(月) 13:14:40.02 ID:9dxHMxdn0
これは一瞬生きてんのかと期待するわ…

16: ウエスタンラリアット(関東・甲信越) 2014/03/03(月) 13:11:34.38 ID:O9aWk5sE0
彼氏はいまどこに?

52: ショルダーアームブリーカー(東日本) 2014/03/03(月) 13:25:20.91 ID:Kn5iZ7fC0
大槌町の復興支援の一般社団法人「おらが大槌夢広場」の臼沢和行さん(27)にとって、町の臨時職員だった押野千恵さん(当時27)は初恋の人だった。

中学に入ってすぐ、廊下ですれ違い一目ぼれした。後から両思いだったと知ったが、お互い告白することなく卒業し、別々の高校に通った。再会したのは卒業間近。

押野さんは京都でバスガイドになり、臼沢さんは静岡で建設会社に就職した。仕事のつらさなどをメールや電話で相談し合っているうち、押野さんが「付き合って」と言い、毎月会いに来てくれた。臼沢さんの前ではわがままだったが、人の前では立ててくれた。

それから8年。押野さんが「家で親の面倒を見たい」と言うので結婚に踏み出せなかった。姉が実家に戻ったのを機に、臼沢さんは両親を訪ねた。父親は許してくれた。

「長かったな」と言い合い、交際9周年の今年3月26日に挙式しようと約束した。昨年3月のことだ。

津波は、4日後に来た。
http://www.asahi.com/area/iwate/articles/MTW20130408030890031.html

35: 32文ロケット砲(WiMAX) 2014/03/03(月) 13:15:53.72 ID:x/Xn8muC0
■婚約者の夢…今は自分の夢
「大槌に全国から人呼び込みたい」

震災から1か月以上過ぎた後、中学時代の親友小川淳也さん(27)から「何か新しいことやっぺ」と誘われ、社団法人「おらが大槌夢広場」の設立に加わった。

同法人は三陸の食材を使った「復興食堂」を運営。さらに昨年9月から、被災地を巡るツアーを実施し、参加者は既に200人を超えた。感想が記されたメモには「この町が再生を果たせると信じています」などの言葉が並ぶ。

うれしいもんですよ。「被災地の人たちが歯を食いしばって頑張っているのに感動した。抱えていた仕事の悩みが小さく思えた。自分も頑張ります」って言ってくれるんです。

遊ぶところもなく、おしゃれな服も買えない。震災前、臼沢さんは大槌が「嫌いだった」。京都でバスガイドをしていた経験を持つ千恵さんはよく「大槌を観光の街にしたい」と夢を語っていたが、臼沢さんは「大槌じゃ無理だべ」と相手にしなかった。

しかし今は、傷ついた街に「全国から人を呼び込みたい」「大槌を体験の街として売り出したい」と強く願う。千恵さんの夢は震災後、自分の夢になった。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/feature/morioka1330531748080_02/news/20120316-OYT8T01094.htm

38: トペ コンヒーロ(dion軍) 2014/03/03(月) 13:16:54.05 ID:pbLNczeo0
ソースが目に染みて目から汗が…

40: トラースキック(山口県) 2014/03/03(月) 13:17:58.72 ID:azs9ywXF0
行方不明のままなのか
それはキツイな

42: キチンシンク(やわらか銀行) 2014/03/03(月) 13:18:12.36 ID:sxC4SSO+0
辛すぎワロエナイ

45: ランサルセ(東京都) 2014/03/03(月) 13:20:04.51 ID:VGdi0z/o0
切なすぎる(´;ω;`)ブワッ

48: イス攻撃(家) 2014/03/03(月) 13:21:26.01 ID:y+dtBaNaP
全オレが泣いた

53: ブラディサンデー(群馬県) 2014/03/03(月) 13:26:46.81 ID:gq1VEQjtP
想像するだけで泣きそうになるからやめれ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[ 2014/03/03 15:03 ] 生活 | TB(-) | CM(1)
せつなすぎる…
[ 2014/03/03 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




RSS はてぶ Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    全記事表示リンク
    QRコード
    QR
    ランキング
    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ