おまえら百人一首で一番好きな句なに?

omaerahyakuninissyude.jpg

1: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:53:24.34 ID:QXY4G+Xn0
ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは
の切なさも捨て難いが
ながからむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ
の色気もヤバイ

4: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:55:06.31 ID:VKWG1cnC0
うかりける

5: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:56:12.66 ID:Lc+XudqA0
最後が、身もこがれつつ の句
上の句は忘れた

10: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:59:55.13 ID:QXY4G+Xn0
>>5
こぬひとを まつほの浦の 夕凪に やくや藻塩の 身も焦がれつつ
百人一首を編纂した藤原定家の句だったはず

20: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:03:09.40 ID:Lc+XudqA0
>>10
おお、それそれ!
いつも胸キュンしながら札とってたわwwww

引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355590404/



7: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:56:52.25 ID:fywdphJW0
 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
    声きく時ぞ 秋は悲しき

これはマジで大好きだ

14: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:01:07.84 ID:QXY4G+Xn0
>>7
この句のぶわっと目の前に秋景色が広がってくる感は異常

35: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:08:42.71 ID:mFeC2mCQ0
>>7
でてた

44: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:10:57.40 ID:URnXSop/0
>>7
猿丸さんちーす


これが好きだわ
天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ
をとめの姿 しばしとどめむ

9: 名無しさん 2012/12/16(日) 01:59:17.53 ID:FS298It1O
あれなんだっけ
会うために命も惜しくないけど会ったらもっと生きたい?みたいな

12: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:00:33.11 ID:fywdphJW0
>>9
きみがため おしからざりし いのちさえ ながくもがなと おもいけるかな

15: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:01:13.07 ID:FS298It1O
>>12
それだありがと

50: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:12:57.43 ID:QXY4G+Xn0
>>46
うた恋い。では>>12の話が好きだわ

13: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:01:02.88 ID:qW4cij2y0
滝の音は

16: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:01:38.41 ID:neVnIiqh0
心にもあらで憂き世に長らへば こひしかるらむ夜半の月かな
                         三条天皇

18: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:02:05.36 ID:23F+Lf1/0
あいみての
のちのこころにくらぶれば
むかしはものをおもわざりけり

絞りに絞った良作100個だから1番はなかなか決められんなあ

24: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:05:19.65 ID:QXY4G+Xn0
>>18
これ初めて彼氏ができた中学生みたいでかわいい

19: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:02:44.18 ID:FS298It1O
百人一首って小さい頃聞いた時怖かったなー

22: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:04:11.78 ID:fywdphJW0
>>19
あー
俺もそうだった。
なんかこう怖いんだよな

25: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:05:29.91 ID:MPwzhr/M0
瀬をはやみ
岩にせかるる
滝川の

われても末に
逢はむとぞ思ふ

28: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:06:19.48 ID:QXY4G+Xn0
>>25
これ人気だな
意味ももちろんだが言葉の流れが綺麗だよな

27: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:06:07.69 ID:wh4mffaI0
しのぶれどいろにでりけり~
が好き

29: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:06:33.25 ID:neVnIiqh0
意味はもちろん作者の境遇も考えてこそ深いんだよ

32: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:07:45.18 ID:QXY4G+Xn0
>>29
小野篁厨の俺はわたの原~の句が好きすぎて隠岐まで一人旅してきた

30: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:06:38.77 ID:Y7Jdzd/z0
百人一首か忘れたけど
古の奈良の都の八重桜ってのが好きだった。

31: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:07:22.85 ID:23F+Lf1/0
めぐりあいて
みしやそれともわかぬまに

くもがくれにしよはのつきかな

紫式部が読んだってだけでオーラが感じられる
みしやそれともわかぬまにってフレーズがなんかかっこいい

45: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:11:11.57 ID:QXY4G+Xn0
>>31
これは良い
うた恋い。で読んでさらに好きになった

33: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:07:56.56 ID:MPwzhr/M0
たぶん一番最初に覚えたのはこれ

大江山
いく野の道の
遠ければ

まだふみも見ず
天の橋立

37: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:09:06.94 ID:23F+Lf1/0
>>33
古文の教科書にそのエピソード載ってるもんな
速攻で歌を返すってカッコよすぎる

34: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:08:14.03 ID:EoAF9WJG0
蝉丸の奴

42: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:10:52.70 ID:neVnIiqh0
>>34
知るも知らぬも逢坂の関か

蝉丸と言えば、家が藁葺のボロ屋に住んでるのを可哀想といわれて
世の中はとてもかくてもありぬべし 宮も藁屋もはてしなければ
と歌で返したという話も好き

36: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:09:04.22 ID:VA5tR6MI0
こひすてふ
わがみはまだき たちにけり
ひとしれずこそ おもひそめしか


胸を打つよ、あるよね

73: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:20:35.14 ID:oJvXFqUl0
>>36
これは歌の逸話が相まって胸を打つ

78: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:23:04.40 ID:VA5tR6MI0
>>73
そうなんだよ!

39: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:09:32.51 ID:K2y4hHMnO
おおえやま いくののみちも とおければ まだふみもみず あまのはしだて

古典でやったけどかっこよすぎる

40: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:10:00.89 ID:QcH7JRmB0
まにまに で終わるやつ

43: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:10:53.86 ID:23F+Lf1/0
>>40
このたびはぬさもとりあえずたむけやま
もみじのにしきかみのまにまに

47: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:11:44.83 ID:QcH7JRmB0
>>43
意味まったく分からんけどこの句だけは絶対取ってたよ
まにまにげっとおおおおおおおおみたいな

58: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:15:26.80 ID:F4LkcD46O
>>47
昔は山に行くとき供え物として布をおいたらしいけど持ってないからこの素晴らしい紅葉を布として受け取って下さい=紅葉綺麗だねって意味らしい

49: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:12:17.76 ID:F4LkcD46O
>>40
このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみじのにしき かみのまにまに
道真だよね

48: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:11:49.77 ID:KnnmS/GO0
あらざらむ このよのほかの おもひでに
いまひとたびの あふこともがな

52: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:13:34.56 ID:W3J4+Q0P0
まにまにだろjk

ちはやふるでみて好きになったのは
かくとだにえやはいぶきのさしも草
さしもしらじな燃ゆる思いを
だな

67: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:18:34.41 ID:QXY4G+Xn0
>>52
おまえらまにまに好きだよな

54: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:14:03.66 ID:URnXSop/0
親から最初に教えてもらったのが
あまのはら ふりさけみれば かすがなる
みかさのやまに いでしつきかも
だった

55: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:14:12.60 ID:lcDhqWMkO
風流だな

57: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:14:31.26 ID:DV2RyPb50
うかりはげは人気だった

59: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:15:41.08 ID:23F+Lf1/0
ドラえもん百人一首にお世話になったのは俺だけか

あれかなり出来いい漫画だよ

60: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:15:51.66 ID:N0ichQlD0
村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に
霧立ちのぼる 秋の夕暮れ
初めて覚えた句 村雨が厨房の俺の心に響いた

62: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:16:19.72 ID:6DrvsbhX0
ひさかたの 光のどけき 春の日に
静心なく 花の散るらむ


これ結構好きだわ

75: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:21:44.13 ID:QXY4G+Xn0
>>62
これを聞いて浮かぶ映像ってすごく心地良いよな

89: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:31:02.83 ID:6DrvsbhX0
>>75
分かる
なんか本当、心地いいって言葉がすげーしっくりくるわ

64: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:17:27.28 ID:mst3XsYfO
はるのよの ゆめばかりなる たまくらに かひなくたたむ なこそをしけれ

65: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:18:14.34 ID:URnXSop/0
我が衣手は露に濡れつつと
我が衣手に雪に濡れつつ

2パターンあったよな?

76: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:21:47.00 ID:mst3XsYfO
>>65
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

66: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:18:15.92 ID:W3J4+Q0P0
百人一首勉強したくなってきた
いい本ない?

69: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:19:22.89 ID:QXY4G+Xn0
>>66
最近出たやつなら学研の百人一首ってムックが綺麗で見やすいし面白いよ

74: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:21:41.02 ID:W3J4+Q0P0
>>69
thx
明日早速見てくる

77: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:22:05.76 ID:LGpFJ8gg0
>>66
筒井康隆「バブリング創世記」の中の「裏小倉」がおすすめ

71: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:20:27.54 ID:FS298It1O
うた恋。ってなに?って感じだったからググってきたらこんなのやってたんだ
見たかった
暇だから百人一首もっと知りたい

81: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:25:09.86 ID:MPwzhr/M0
>>71
来年からちはやふる2始まるぜ
こっちもオススメ

79: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:23:17.08 ID:gZjKOw7u0
いにしへの 奈良の都の 八重桜
    けふ九重に にほひぬるかな

85: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:28:55.23 ID:QXY4G+Xn0
>>79
情緒ありすぎワロタ
言葉だけで鮮明に映像が浮かぶからすごいよな

83: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:26:23.40 ID:oJvXFqUl0
やっぱり大江山~かなあ
あれを即興で言い返したのが本当なら天才過ぎるだろ

86: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:29:44.20 ID:Ztxfki0R0
うた恋い。の影響で恋ぞ積もりての句がすごく好きになった

87: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:30:23.89 ID:QXY4G+Xn0
>>86
あの話はずるいわ

88: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:30:23.98 ID:Y7Jdzd/z0
この頃の歌って表と裏両方意味あるんだっけ?

94: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:37:43.68 ID:QXY4G+Xn0
忘れてたけど、忘れじの 行く末までは かたければ けふを限りの 命ともがな も好きだわ
幸せなときにふと感じる不安みたいなのが胸に来る

96: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:39:38.74 ID:Y7Jdzd/z0
歌われてる歌が現代でも心に響くっわかるってのは
本質は今も変わってないんだな。

102: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:42:56.63 ID:QXY4G+Xn0
>>96
そう考えるとすごいよな
1000年も前の人間の言葉を聞いて感動したり共感したり
意味わかんなくても聞いてて耳に心地良いもんな

101: 名無しさん 2012/12/16(日) 02:42:54.64 ID:oJvXFqUl0
三夕の和歌が至高だと思うの

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[ 2012/12/16 22:10 ] 歴史 | TB(0) | CM(5)
ひとはいさこころもしらずふるさとはなぞむかしのかににほひける
[ 2013/12/13 18:41 ] [ 編集 ]
秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ

非常に美しく、幻想的な、情緒漂う歌で好きです。
[ 2014/11/08 18:21 ] [ 編集 ]
秋風にたなびく雲の絶え間より もれ出ずる月の影のさやけさ

子供の頃、たなびくとか絶え間とかさやけさとか意味はわからなかったけど、なんか格好よくて綺麗な感じで凄い好きだったこの句
あとはみかき守も好きだよ
[ 2015/01/11 13:45 ] [ 編集 ]
現役小学生で~すッッ!

私は高砂とながらへばが
まじてすきです!
[ 2015/02/01 19:52 ] [ 編集 ]
おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣にすみ染の袖
二番目に覚えた句は忘れたりしたこともあったけどこれは最初に覚えた句だからわすれられなかった
[ 2016/07/27 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




RSS はてぶ Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    全記事表示リンク
    QRコード
    QR
    ランキング
    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ